9.3.16

ウッスリ|理想のまつ毛について




かつて夢野久作の作品を読んでも、特に精神に異常はきたしませんでした(『ドグラ・マグラ』の裏表紙に「これを読む者は、一度は精神に異常をきたすと伝えられる」とか書いてありますよね?きたしたかたいらっしゃいますか??)。が、独特の言葉遣いがとても印象に残っていて。なかでも「ウッスリ」は群を抜いて心に刻まれています。


 ……運命……そうだ……運命に違い無い……これが彼女の……。  
 こんな風に考えまわしてくるうちに私は耳の中がシイ――ンとなるほど冷静になって来た。そうしてその冷静な脳髄で、一切の成行きを電光のように考えつくすと、何の躊躇もなく彼女の枕許にひざまずいて、四五日前、冗談にやってみた通りに、手袋のままの両手を、彼女のぬくぬくした咽喉首へかけながら、少しばかり押えつけてみた。むろんまだ冗談のつもりで……。  
 彼女はその時に、長いまつげをウッスリと動かした。それから大きな眼を一しきりパチパチさして、自分の首をつかんでいる二つの黒い手袋と、中折帽子を冠ったままの私の顔を見比べた。それから私の手の下で、小さな咽喉仏を二三度グルグルと回わして、唾液をのみ込むと、頬を真赤にしてニコニコ笑いながら、いかにも楽しそうに眼をつむった。 
「……殺しても……いいのよ」
夢野久作『冗談に殺す』



理想のまつ毛ってどんな感じですか。

私は理想のまつ毛を思うとき、「ウッスリ」という音が脳内で鳴り響きます。ウッスリと目を開けるというのは、美しいまつ毛があるからこそ成り立つのではないか。先端に向かって細く長く、暗闇のような漆黒さをたずさえて、繊細に優雅に目もとを縁取るまつ毛。アイラッシュバサバサのボリュームあるまつ毛では、「ウッスリ」の実現は難しい気がする。

理想のまつ毛は人によっていろいろで、上も下もとにかくボリューム!なグラマラススタイルもあれば、カール命のエクステスタイルもあって。百花繚乱で楽しい世界だと思っています。今はエクステが進化しているので使わない人もいるかもしれませんが、まつ毛を美しく見せるアイテムといえば、やっぱりマスカラです。


まつ毛を美しくメイクするためには、自分の理想のまつ毛像を的確に持つことです。とくに「ロングラッシュ」「ボリューム」「カールキープ」の3つの機能、そのどれを重視するかがキモ。マスカラの剤形とブラシの形状によって、その効果が変わってくるからです。

マスカラはおもに、油性タイプと乳化タイプに分かれます。油性タイプはいわゆるウォータープルーフで、乳化タイプの主流は「お湯で落ちるフィルムタイプ」です。個人的には、ボリューム重視なら油性、ロングラッシュ重視なら乳化(フィルム)のほうが、仕上がりは美しいのではないかな〜と思っています(プラス繊維入り)。また、どんなマスカラであっても少なからず「形状記憶」には配慮されているはずなので、「カールキープ」に関しては剤形よりもブラシがキーになってくるのかなと。たとえば、一度にたっぷりついてしまうようなものは重さで下がる危険があります。

マスカラブラシって本当に不思議で「この形状がベストだよ」っていう決まりがないんですね。組み合わせてみないとわからないところがある。一本一本にまんべんなく着けたいから、目の細かいコームタイプがいいかなと思っても、マスカラの液が柔らかくないと、溝にたまってうまくとかすことができなかったり。じゃあ目を荒くしましょうってなると、今度は液が大量について全然とかせなかったり……。また、まぶたはカーブしているので、フレームラインにどう沿わせるか?とかね。一旦思い切って着けてから丁寧にとかしましょう、ってことで片側コーム、片側ブラシになっているものにしてみたりとか。いやいやシリコンで作っちゃったほうがいいんじゃない?みたいなものとか、それはそれはいろいろとあって、実に楽しい世界なのです。


加えて、ここ数年の傾向としては、まつ毛をトリートメントしたり、成分的に安心なものを採用するなど、ケア的な付加価値を持つものも多くあります。たとえば、美しいまつ毛って基本真っ黒です。チャコールのまつ毛にしたいなんて人は相当少数派のはず。だって、黒くないと締まらないし目立たない。そこで黒の色材を使うわけですが、普通の酸化鉄みたいな黒だといまひとつ「闇」感に欠ける。webで言うと#000000にはならず#333333くらいで、まだどこかチャコールなわけです。そこで炭化水素を使った微細な「カーボンブラック」を使用します。しかしこの成分は発ガン性とか色素沈着の可能性があるということで、目もとに使うのはいかがなものか?と考える人も多い。そこで「カーボンブラック不使用なのにここまで漆黒!」というのは、ナチュラルコスメブランドが目指すひとつの到達点だったりもします。

と、すごく長くなってしまいましたが、結論として私が溺愛するのはMiMCの「ミネラルロングアイラッシュ」です。フレームラインに沿ったブラシ、ミネラルだけで実現した漆黒カラー、そして秀逸なロングラッシュ&カールキープ力。一度使ったら手放せません。ちなみに繊維は入っていませんが、繊維様の働きをしてくれるミネラル、シリカが入っています。なので伸びる。グラマラスメガ盛りボリュームにはなりませんが、「ウッスリ」まつ毛にはなります。はい。

あと「パンダ目にならない!」っていう謳い文句よくありますけど、あれは原因が何でパンダ目になるのか?というところが重要。コンタクトとか使っていて涙が出やすいからにじむのか?それとも皮脂でにじむのか?で対処法が全然変わってきます。私は後者なので、油性タイプはにじんでしまう。油性=親油性ということなんです。にじむからウォータープルーフ〜とか思って油性を選んで泣きを見ることもありますのでご注意を。


そしてマスカラを使って美しくなるためには、もとのまつ毛が健康でないと。ということで、素まつ毛のケアにおすすめなのがLASHFOODの「アイラッシュセラム」。医療系メーカーが作っていつつもECOCERTという非常に今っぽいかつアメリカっぽい逸品です。アイライナーみたいな細筆で、フレームラインに肥料を与えてあげるように使います。

いつかエクステもやってみたいな〜と思いつつ、つけまつ毛してもあまり印象が変わらないこともあり、躊躇しながら40歳を迎えようとしております。このまま自まつ毛でいくのか、新たな展開を見せるのか、それはまだ本人にもわからないまま、現在のベストはこの2品です。ウッスリ。

0 件のコメント:

コメントを投稿